なぜあなたから買わなくてはならないのか?

こんばんは、大竹です。

オークファンが新しいサービスを発表しました。

■オークファンサービス『らくらく卸』と仕入れ・卸売サイト『CtoJ』が連携
– 日本、中国間での仕入れ・卸売の加速で、ネット物販をよりグローバルに –
http://pdf.irpocket.com/C3674/Q8aV/nh6H/bGWz.pdf

つまり、これまで中国輸入実践者がやっている
タオバオやアリババにアクセスしなくても
中国の商品が簡単に卸購入できるようになると、そういうことでしょうか。

実際には中国人が日本人に販売するわけですから
言葉やサービスなどのサポート面で問題はあるのでしょうが、
今後こういうサービスがどんどん出てくるのでしょうね。

ますます国際間の壁はなくなり、
ただ右から左の転売では利益を出しにくくなっていく思われます。

よく「中国でオリジナル商品を作ってアメリカで販売しよう!」的な話がありますが、
あれも結局はAmazon.comに中国人が進出してきているせいで、
思っているよりは楽ではないという感想が多いです。

売れないことはないのでしょうが、利益を出すのが難しい。
中国セラーと価格だけで勝負するのは、どう考えても得策ではないでしょう。

そうなると、商品に、その商品だけでは存在しない
価値というものを与えなければなりません。
それが付加価値であり、コンテンツであり、アイデアです。

逆に言えば、アイデアさえあれば一つの商品に対して
何倍も価値を加えることができるわけです。

ブランド化というのは、付加価値化とも言えるわけですが、
どんな付加価値を与えれば、
多くの類似商品の中から選んで頂けるのでしょう?

今販売している商品に、1ミリだけでも良いので
価値を高めるには何ができるでしょう?

実は、それを見つける究極の一言があります。

「なぜその商品でなくてはならないのか?
 なぜ他でもないあなたから買わなくてはならないのか?
 その理由を説明しなさい」

この回答に自信を持って、または数字的な裏付けを持って回答できれば
その商品が売れる可能性はかなり高いと言えます。

付加価値を与える。

例えば僕が昔から言っている基本中の基本は
何は無くとも“日本語化”です。

実際にクライアントさんの中にも、
日本語のパッケージに入れ替えただけで
売り上げが上がったという事例は
一つや二つではありません。

しかも過去の事例ではありません。
つい先日も、ご報告を頂いた事例です。

日本人はパッケージに価値を感じるので、
ここは大事なポイントなのかと思っています。

特に中国語のパッケージを見ると
価値が低いと見る傾向があるように思います。
(これは個人的な感情ではありません。)
英語の場合は、人によっては価値を高める場合もあるかと思います。

つまり付加価値と言っても難しいことではなく
パッケージを入れ替えるだけでも、価値を高めることができるということです。
でも面倒くさいからしない、という人がほとんどなのだと感じます。

それができるか、できないかで大きく差が広がっていくのでしょう。

パッケージだけではなく、付加価値を与えるのは色々な方法があります。
沢山アイデアを出してみてください。

「なぜその商品でなくてはならないのか?
 なぜ他でもないあなたから買わなくてはならないのか?
 その理由を説明しなさい」

今週もお疲れ様でした!

Share