ライバルセラーを丸裸にする方法

ライバルセラーを丸裸にする方法

みなさん

こんばんは、大竹です。

先週の土曜日は大阪で個別コンサルでした。

ほぼ毎月のように大阪へ出張しています。

大阪は
バンド時代から何度も行っていたので
第二の故郷のような温かさを感じています。

・・と言いつつ、先日は
大雪の影響でかなり寒かったのですが。。(笑)

さて、間もなく開催です。
18日の輸入参謀Amazonセミナー。

コツコツと資料を作っているところですが
今の時点でスライドが300枚・・・(汗)

もちろん全部は時間的に無理なので
削って削って削ってという作業です。

(大竹はいつもセミナー資料は
 沢山作ってから削除していく作り方をしています。)

自社やクライアントで
うまくいった事例を盛り込んでいますので
世の中に出ていないノウハウも盛り沢山です。

なるべく実践に役に立つような
内容を優先してお話します。

会場でしか話さない(話せない)ことも多いので
参加される方はラッキーだと思ってください!

今回のセミナー動画は一般公開しますが
内容は1/3程度になるかと思います。

その点はご了承くださいませ。

さて。

Amazon輸入ビジネスで

“最も効率的なリサーチ方法は何ですか?”

と聞かれたら、ライバルリサーチと答えます。

特に初心者から中級者の方にとって
ライバルが何を販売しているかというのは
大きなヒントになるのではないでしょうか。

世の中には
「2:8の法則」というものがあって
ビジネスで捉えた時にどうなるのかというと

《2割の商品が、全体の8割の売上を作っている》

ということになります。

これは大筋あたっていると思います。
ビジネスの原理原則のようなもの、ですね。

例えば、50商品を
販売しているセラーがいたとします。

そのセラーは
50商品が平等に売れているわけではなく

・2~3割の商品が良く売れていて
・残りは比較的ポツポツ売れている

という状況かと思います。

なので
ライバルセラーが何を売っているかがわかれば
何で稼いでいるのかがわかりますね。

では、それをどうやって調べるのかというと
「セラーのストアページを見ればよい」ということになります。

何故ならば
ストアページというのは
だいたい売れている順に並んでいるからです。

しかし、あくまでもだいたいなので
しっかり調べないと気が済まない!
という方もいらっしゃると思います。

その場合に役立つツールがあります。

友人の堀さんが開発している
ASIN Getterというツール。
http://urx.blue/BDZF

これは一言で言うと、
「気になるAmazonセラーを丸裸にできる」
というものになります。

僕もコンサルティングなどで使っています。

要はセラーの販売している商品を
ランキング順に並べていくことができるので
例えばTopランキングには表れてこない
ロングテール商品を発見する際に大変便利ですね。

例えば、

・セラーが販売している
 ランキング3000位から10000位の商品などを探す。

・複数のセラーを登録して
 その中で一番売れている商品を探す。

これらは、
このツールでないと
なかなか難しいですね。

で、このツールは
しばらく販売していなかったそうですが
今日の19時から販売再開するということで!
僕も一生懸命メルマガを書いているわけですね(笑)

僕は「ほったらかしで稼げる」
的なツールは全く信用していませんが
こういう、作業効率アップ系のツールは
取り入れることを検討すべきだと思っています。

開発者の堀さんとは
何度か食事をさせて頂いたこともあるのですが
すごく真面目で誠実な方で、好感が持てます。

リサーチの効率をあげたい!
という方は、是非使ってみてください。

★ASIN Getter
http://urx.blue/BDZF
(2/14(火)19時から2/23(木)24時まで早期特典あり)

Share