●あなたはなぜ大きく稼ぐことができないのか?

●あなたはなぜ大きく稼ぐことができないのか?

みなさん

こんばんは、
輸入参謀・大竹秀明です。

今日のメルマガは
“あなたはなぜ大きく稼ぐことができないのか?”
というテーマについて考えてみたいと思います。

まず、脱線気味のところから入っていきたいのですが

先日私は香港フェアにずっと居たわけですが、
同じように1週間とか2週間も滞在していた人がいます。

例えば、私のクライアントでもある
セカイの松井さんや実践プロジェクトOBの西井さんなど
香港や台湾など大きな展示会などには、毎回必ず来ています。

今回も例外ではなく
実践プロジェクトの食事会に参加して頂いては
新しい参加者に色々な面からアドバイスをしてくれました。

しかも一人で数日間の滞在・・・
私は実践プロジェクトでいっぱいいっぱい・・・

どう見ても私より優雅に見えます(笑)

一方で、毎日雑用に追われ
海外に出てみたいけど手を離すことができず
パソコンの前でうーん、うーんと、うーんと
唸っている方も多くいらっしゃると思います。

この違いは何なのか?

「ビジネスを積み重ねてきた経験値」

もちろんそれもあると思います。

でも経験が多ければ
ビジネスはうまくいくのかというと
そうではないのが面白いところ。

現にこの10年私は
ライバルが表れては消え、表れては消えを
何度も何度も経験してきました。

当時から仲良くさせてもらっている10年選手で
今でも現役バリバリなのは・・

物販総合研究所の船原さんや
BUPPAN!!の川下さん

ぐらいしかいないんじゃないのか?

という気さえしています。

この違いってどこから生まれるのでしょう。

その一つが
「誰かに仕事を任せることができるか?」
ということに掛かっているかと思います。

結局、一人でできることなんて
そんなにキャパシティは無いのですね。

ちなみに「人」とは限りません。
ツールやシステムでも良いのです。

「外注化する」
「仕組化する」
「組織化する」

今やっていることを誰かに任せていかなければ
いつまで経ってもそこから離れられない、ということなんです。

「でも、そこまで稼げていないんで・・」
「お金があればとっくに従業員入れているよ!」

なんて声も聞こえてきそうです。

気持ちはわかります。

それに単純作業というのは
「やった感」が強く身体に残りますよね。

スポーツの後のようにどこか爽快感もあったりします。

しかし実はビジネスの成長で考えると
単に日々の雑務をこなしているだけ。

何も進歩していないことになってしまうんですよね。

これは「7つの習慣」でいうところの
第一領域というやつです。

“緊急で重要なこと”を日々ただ繰り返しているにすぎないのです。

(「7つの習慣」を読んだことがないという方は
図解版でも良いので今すぐ読んだほうが良いです!)

しかし実は意外にも
この第一領域こそ最も外注化しやすい部分なんです。

逆に“最も無駄”とされる第四領域なんて
外注化することはできないですから。

テレビを見たりダラダラすることは
そもそも外注化しようとは思わないはずです(笑)

そうですよね?

もう一度しっかり考えてみましょう。

時間なんて作ろうと思わないと絶対に作れませんし
時間がないと新しいことはできないのです。

なぜならば
ビジネスは、やればやるほど複雑化し
やることがどんどん増えていくから。

そこで表題

「あなたは何故大きく稼げないのか?」

伝えたいのは、平たく言うと

“どうせ一人で沢山のことなんてできないから。
だから仕事をどんどん人に振っていこうよ”

ということです。

どんどん誰かや何かに仕事をやってもらいましょう。

その方が絶対に楽しいし、今よりも確実に儲かるようになります。

Share