大竹秀明 Hideaki Otake

大竹秀明

一般社団法人 まじめに輸入ビジネスを研究する会 代表理事
Makuake 公式エバンジェリスト(クラウドファンディング)

前職はビジュアル系ロックバンドのギタリスト。
2000年7月に東芝EMI(現:EMIミュージック・ジャパン)よりメジャーデビュー。
DAIGO(BREAKERZ)、マオ(シド)らと全国的にライブ活動を行う。

テレビ・ラジオへの出演、通算1,000本を越えるライブツアーをこなし、日本武道館のステージにも立つ。
華やかな世界を経験するも、所属事務所の倒産とともに大きく転落。
アルバイトをしながら音楽活動を続けるが鳴かず飛ばず。人生に絶望する。

2008年、34歳・借金200万円の状態から、楽器の転売をヒントに輸入ビジネスを開始。
試行錯誤の末、顧客満足度を高める独自のマーケティング手法を開発し
ほぼひとりで年商1億円以上を売り上げることに成功する。

現在は、貿易会社の経営に加え、全国各地でのセミナー講演やコンサルティングを中心に
副業や独立を目指す個人の起業支援や、法人の貿易事業拡大をサポート。

輸入ビジネスのエキスパートとして、Yahoo! 本社や日本郵政セミナーでも講演。
この5年間で1700名(社)以上にコンサルティングやアドバイスを行い

「フリーターから年商2億円」
「美容師から年商5億円」
「公務員から年商1億円」

など、30名以上の億プレイヤーを生み出し

「副業で月商1500万円越え(利益7割)」
「ゼロから3ヶ月で月商500万円越え」
「Amazon年間ランキング2位獲得」
「Makuakeで1,200万円の支援達成」
「有名Youtuberに商品を取り上げられる」
「TBSの人気バラエティーで特集」
「NHKニュース番組に本人登場で特集」
「倒産寸前から1商品で毎月500万円を売り上げる」
「転売プレイヤーから全国ホームセンター300店舗以上に販売」

「サラリーマンから独立して貿易会社の社長」多数
「素人がいきなり海外メーカー総代理権を獲得」多数
「旦那の収入を越えた主婦」多数

などなど、多くの成功者を輩出してきた。

豊富な実務経験による、クライアントの状況に応じた懇親丁寧な指導に定評がある。

アイデア1つで小資金でも爆発的に売れるオリジナル商品を作り出す
俺ブランド化戦略などを盛り込んだ《ひとり貿易》を提唱。

“個人が輝く時代を作る!”を理念とし
2020年までにひとり貿易家を1,000人輩出すべく精力的に活動中。