クラウドファンディング

2019.02.27

クラウドファンディング

●クラウドファンディングの累計売上が3億円に到達

みなさん

こんばんは!
輸入参謀・大竹秀明です。

社員「もう3億ぐらいになりますね」

大竹「ん?今年の物販の売上?」

社員「クラファンの総売上です。」

大竹「3億!? そんなにいってないでしょ」

社員「いや、、これを見てください」

大竹「・・・ホントだ、、」

ということで。

自社やプロデュースを含めて
私が関わったクラウドファンディングの累計売上が
なんと3億円に到達するそうです。

社員に言われて気が付きました(笑)

うーん、すごい、、
積み重ねですよね。

6年前、本当にまだ誰も
クラウドファンディングなんて知らない頃に

「これからは
貿易×クラウドファンディングの時代が来る!!」

なんて興奮気味に言い出して、

周りからは

「クラウド・・?なにそれ?」

「大竹さんは何を言ってんだ?」

みたいな顔をされ(笑)

「よし、見てろよ!」と

意気揚々と自ら実践して

・・大コケして。

そんな時代を経ての3億円ですよ。

感慨深いものがあります。

私はセミナーでいつも

“クラウドファンディングとは
これからの人をゼロ→100にしてしまう装置”

このように話をしていますが

まさに最近のセカワク生の活躍を見ていると
物販初心者でも700万円クラスが普通に出ています。

しかも一人二人ではありません。
何人も、です。

中には1,300万円を超えた方もいます。

まさに6年前、私が想像した世界が
いま実現していると言えます。

しかし一方で。

クラウドファンディングが急速に拡大したために
様々なトラブルや事件も出てきているのも事実です。

それに呼応するように
主催側も、審査やルールがどんどん厳しくなっています。

先日、私からすれば
ありえない事件がありました。

ここで詳細は伏せますが
商売人として一番やってはいけないことをやり
世間様に大きな迷惑をかけた方がいます。

経営者として状況は理解できる。
気持ちとしては同情できなくもない。

でも。
やって良いことと悪いことがある。

せめて商売人としての
プライドだけは持っていてほしかった。

そのあまりにも自分勝手すぎる行為が
どれだけの人に迷惑をかけ

そのあまりにも自分勝手すぎる行為が
「これから」の人にとって
どれだけ可能性を閉じてしまうのか。

本当にやりきれない想いです。
(わからない人はスルーしてください)

影響力が出てくればくるほど
こうした「陰」の部分も肥大化していくわけです。

私はクラウドファンディングの伝道師として
「陽」の部分だけではなく「陰」の部分も。

その両方をしっかりと説いていかなければ。

改めてそう誓いました。

それで、本邦初公開となりますが
超スペシャルなコラボセミナーを開催します。

題して・・

『クラウドファンディングの攻略方法をすべて教えます』

もちろん私の場合は
Makuakeの活用が中心なのですが、
実はそれ以外のクラファンでも結構やっているんですよね。

商品の探し方
企画の作り方
刺さるキャッチコピーの作り方
実施前の事前マーケティング
高い成約率を誇る商品ページの作り方
支援額を極限まで上げる方法
終了後に1.5倍ぐらいの支援額を作る方法

などなど、
まだまだ書ききれませんが
ものすごい情報量があります。

そういった
高額ファンディングされるための
ノウハウ的な部分と。

間違った使われ方をしないような
正しい使い方について。

まとめてお話をしたいなと思います。

お相手は、大変著名な方。

公表しても良いのですが
一応まだ秘密にしておこう。

業界は全く異なりますが
それこそ「累計売上」と言えば
この人しかいないんじゃないかな。

その方は、
先日クラウドファンディングである企画を行い
600万円以上を売りました。

・いったい何故クラウドファンディングをやったのか?
・どのように企画を立てていったのか?
・舞台裏はどのようになっていたのか?

一連の流れを、全て解説して頂きます。

そしてそして。

ユビケン実践プロジェクトも
今週中に告知となります。

セミナー&説明会ということで
東京・大阪、プラス1都市を回ろうと思っています。

詳細は間もなく。

最後までお読み頂きまして
ありがとうございました!

それでは、また!

お名前
メールアドレス