海外見本市

2019.02.18

海外見本市

●何者でもない個人を、海外の企業は相手にしないのでは?

みなさん

こんばんは!
輸入参謀・大竹秀明です。

アンビエンテでのミッションが終了!

今回クライアントや生徒さん
合わせて30件ほどの商談を行い、
それぞれが日本での独占販売権を獲得しました。

「日本は私にとっても特別な国です。
 あなた方が私達の大切な商品を、情熱を
 持って販売してくれることに感謝します。
 私達はファミリーです!」

ハードな商談もありましたが、
最後にはいつも笑顔で握手を交わします。

今回の商品たちが実際に日本で
販売されていく日が今から楽しみです。

「何者でもない個人を、
 海外の企業は相手にしないのでは?
 個人の商談が成立するとはとても思えない。。」

あるクライアントが、現地で
雇った通訳さんにこう言われたそうです。

その通訳さんは
日本の大手商社での勤務経験があるそう。

確かに。

従来の貿易ビジネスの
考え方ではそうでしょう。

しかし私のやり方は、まだ何者でもない人を
貿易家にするという、常識破りのやり方。

斬新が故に、きちんと説明をしないと
理解をしてもらえないこともありますが、
理解をしてもらえると

「素晴らしいアイデアだ!」
「是非ビジネスしよう!」

と、契約成立となる。

ここには練られた戦略と、ツールと、
コミュニケーションスキルがあります。

この10年間、個人でも本当の意味で
結果を出せる貿易を追求・実践してきました。
それが私の「ひとり貿易」というやり方です。

私が伝えたいのは、
ビジネスを通じて個人が世界と
繋がっていく楽しさ、力強さ、豊かさ、可能性です。

閉じこもってないで世界へ飛び出そう!

これからも多くの豊かな
貿易家を産み出すべく、活動していきます。

P.S.

半年間に渡って開催してきた
セカワク!!貿易家アカデミーが、いよいよ終了となります。

昨晩は最終回のセミナーだったのですが
ここで思わぬハプニングが・・・

次回のメルマガに続く。笑

最後までお読み頂きまして
ありがとうございました!

それでは、また!

お名前
メールアドレス