輸入ビジネス

2019.02.04

輸入ビジネス

●(本日23時まで)稼ぎたいなら実績No,1に聞け!

みなさん

こんばんは!
輸入参謀・大竹秀明です。

————————————-
(本日23時まで!!)
■2019年最新アマゾンハック講座
https://shonanhappy360.com/ja/MbiOYGKNJzrdhTtq7CDW8pew
————————————-

いよいよ現地時間の8日から
ドイツ・フランクフルトにて
アンビエンテが開催されます。

アンビエンテという展示会は
世界でも代表的な国際展示会。
とにかくオシャレな雑貨が並びます。

■ambiente
https://ambiente.messefrankfurt.com/frankfurt/en.html

代表的なのは“美人すぎる貿易家”
木田さんのフラスクなどでしょう。
https://www.makuake.com/project/flsk/

今回も私はセカワク生【25名】と参加します。

沢山の日本独占販売権を獲得してまいります。
メルマガでもレポートしますので気にしていてくださいね。

さて、物販ビジネスで大事なものは何でしょうか?

それは・・

「仕入れ」と「販売」です。

例えば今度のアンビエンテで
どれだけ良い商品の日本総代理権を獲ってきても
しっかり「販売」できなければ
ビジネスとしては成り立たないわけです。

ここ、すごく重要。

でも、大御所と呼ばれる
貿易アドバイザーは、ここが抜け落ちています。

私も先日イタリアで
ミプロの貿易アドバイザーさんとお話したのですが
彼らは海外展示会で商談はできるけど、
どうやって販売すれば良いのか、わからないのです。

下記は実際のやり取りなのですが・・

大竹「仕入れた後は、どのように販売をするよう指導されているのですか?」

貿易アドバイザー「それは商品に拠るなぁ」

大竹「・・・」

大竹「卸価格はどのぐらいに設定するのがベストでしょうか?」

貿易アドバイザー「それは商品に拠るなぁ」

大竹「・・・」

・・・本当にこんな感じなのです(笑)

強調したいのは
これはディスっているわけではありません。

私からすれば、貿易業界の大先輩の方々ですし
そういう意味では大変リスペクトしています。

実際ミプロさんには
これまでも多くの事を学ばせて頂いてきました。

だけど、彼らは現役時代、
“The貿易”の世界で活躍された方々なので
インターネットを使った販売
つまりAmazonや楽天市場などを経験していないのです。

それは自分たちでも認めていて
はっきりとこのように仰っていました。

“ミプロでも小口輸入セミナーをやるけど
 僕らはネットで販売をした経験がほとんどないので
 正直なところ違和感を感じながらセミナーをしている”

“僕らは昔のいわゆる貿易商社の人間だから”

“クラウドファンディング・・?なにそれ?”

良い悪いではなく
やったことがないからわからないのです。

一方で私は、12年前にコネもキャリアもなく
借金しかない状態で自力でガツガツとやってきたタイプです。

転売から貿易へと
下から上に上がってきた、という構造になります。

ここが大きな違いです。

メルマガでも商品も明かして書いてきましたが
ネットショップやAmazon、楽天市場で数億円を売り上げてきました。
そして今は、大手量販店でもガツガツ売っています。

ご存知のとおりAmazon個人輸入の書籍も出していますし
(ちなみにミプロさんも、書籍を持って下さっていました!)
そのやり方を、多くの方に教えてきました。

年商1億以上のプレイヤー、いわゆる“億プレイヤー”も
把握しているだけで30人(社)は、生み出してきました。

そして転売では満足せず
突き詰めていくと壮大な「貿易」という世界があった。

だから私は、貿易を一生懸命に勉強した。実践してみた。

しかし自分で貿易に挑んでみてわかったこと。

「個人が貿易のステージに上がるのは色々な意味で無理がある」

それが現実でした。

具体的には
海外交渉の難しさや実績のなさ、そして資金(ロット)

さらには
販売の仕方、効果的なプロモーションの仕方などです。

だって、貿易アドバイザーが良く言う
「東京ギフトショーに出しましょう!」
って言われても、1小間でも100万円かかるわけです・・

それは資金力の乏しい個人には無理な話ですよ。

これらをどうにか崩せないか?

試行錯誤して作り上げた方法論
それが“ひとり貿易”なのです。

もちろん“ひとり貿易”には
最近の私の名刺代わりである
クラウドファンディングの活用も、そこには含まれています。

だから私の貿易コンサルティングというのは

・まずは商品のリサーチからはじまり
・事前の貿易ノウハウのレクチャー
・海外展示会の現地での商談サポート
・そして帰国後のメーカーとのやり取り
・クラファンやAmazonなどネットでの販売の仕方
・東京ギフトショーへの出展サポート

などなど、
仕入れから販売までをフルサポートしてきました。

そんな中でも、ここ最近の私の活動は
クラウドファンディングMakuakeを中心としたテーマが多いです。

以前から私を知ってくださっている方は

「大竹さんは、すっかりMakuakeの人になってしまった」

と、思っていると思います(笑)

まぁそれは否めない感もありますが
実際には、あくまでも“ひとり貿易”というものを私は教えていて
その中の「クラファン輸入ビジネス」が目立っているだけ、です。

何故ならば?
私が第一人者だからです。

今でこそ「クラファン輸入ビジネス」は
実践者もポツポツと出てきましたが
これを最初に言い出したのは、大竹です。

Makuakeさんもそう認めてくれて
オフィシャルパートナーに任命してくれましたし
2014年頃にリリースした「ひとり貿易の教科書(廃刊)」に記録が残っています(笑)

そして今、クラウドファンディングはバブルの状態と言えます。

セカワク生でも“100万円越え”が続出していますから。

中には、ただMakuakeにポンっと出しただけの人もいます。
それでも「130万円」とか「700万円」とか売れちゃう。

これをバブルと呼ばずして何と呼ぶ?
だからやらないのはもったいないよ!と。

あと個人的には、みんなと同じことを言うのが嫌いというのもあります。
なんというか、今さら「Amazon輸入が稼げまっせ!」というのも、なんだかなぁと思うわけです。

それは僕が教えなくても他の人ができる。
だったら自分にしかできない価値のあることをやりたい。

そういう意味で「クラファン輸入ビジネス」に関しては
僕が圧倒的に実績No,1というのは誰も否定できないでしょうし
だったら今はそこに注力した方が、世間様に貢献できるのかなと。
そう思っているからです。

では2019年の今。

“Amazon輸入ビジネスでNo,1は誰だ?”

となると
古い友人でもある「AJ 青山 淳一」を僕は推す。

Amazonで稼ぐ最先端の情報をゲットするなら
このセミナーをオススメします。

■2019年最新アマゾンハック講座
https://shonanhappy360.com/ja/MbiOYGKNJzrdhTtq7CDW8pew

青山さんは5年ぐらいの付き合いですが(ちなみに同級生です)
彼は未だ現役バリバリのAmazonプレイヤー。

本当に頭のキレる人で、文字通り日本で一番
Amazonで勝つ方法を知っている人だと思います。

だって、Amazonが彼に相談をしてくるぐらいなんですよ。

彼は私の書籍
「Amazon個人輸入はじめる&儲ける超実践テク104」を
すごく誉めてくれて、色々なとことで紹介をしてくれていますが
最先端のAmazon攻略という意味では、残念ながら私は彼に全く及びません。

いまAmazonで稼ぐ情報を知りたいのなら、迷わずAJに聞くべきだと思います。

他の講師陣も超豪華。

萩原淳さんは、先日のセカワクセミナーにも
ゲスト講師として来て頂きました。
彼はマーケティングコンサルタントですが
その実力は誰もが認めるところです。

原之園聖二さんは、実は面識はありつつも
ほとんど話をしたことがないのですが
彼が行っているアマゾンハックセミナーの
評判がものすごく良いのは知っています。
即金的なテクニックを教えてくれると思います。

ということで、Amazonで稼ぐ最先端の情報という意味で
これ以上の内容は、私は知りません。

本当は私も参加したいのですが
私の場合は物販オーナーですがコンサルタントでもあるので
どうしても学んだことを外部公開することになってしまう。

なので、泣く泣く辞退です(泣)

金額的にちょっと高く感じるかもしれませんが
本気でAmazonで売上を上げたいのなら是非参加してみてください。

■2019年最新アマゾンハック講座
https://shonanhappy360.com/ja/MbiOYGKNJzrdhTtq7CDW8pew

最後までお読み頂きまして
ありがとうございました!

それでは、また!

お名前
メールアドレス