ビジネスマインド

なぜ働くのか?

2014.02.10

ビジネスマインド

こんばんは、大竹です。

先日あるクライアントさんに言われました。
「大竹さんは、何でそんなに働くのですか?」

つまり、ビジネスを自動化して、
一日二時間しか働きません、みたいな生活にしないのですか?という話です。

いわゆる“不労所得”的な話ですね。

僕には一切興味がないんです。
むしろ死ぬまで働き続けたいと思っています。

これは何度も言っていることなのですが、
物販のみに集中したら今の10倍は稼ぐ自信がありますし、
上記のように一日数時間しか働かず、
毎日もっと子供と戯れることもできるでしょう。

でも、楽しいのだから仕方がない。
いきなり明日から一週間、何もしなくて良いと言われても困ります。

今、仕事をする一番の基準は「ワクワクできるかどうか」です。
次に「人(クライアントや誰か)の役に立つかどうか」です。

やりたくない仕事はやりません。
付き合いたくない人とは、付き合いません。
お陰様で、ここ数年はそれを通すことができています。
それは本当にありがたいこと。

逆に言えば、自分でやりたいことをやっているのだから
文句を言わずガシガシと仕事をしなければいけないし、
極端なことを言えば、今やっていることに対して
仕事という感覚が、あまりないのです。

先日のギフトショーも、結構準備が大変でした。
はじめての出展だったので、興味本位もあり
できるだけ自分でやろうというのもありましたが、
基本、楽しいのです。

特に参加者のクライアントさん達は、
海外ツアーで濃い数日間を過ごしています。

日本に戻ってもコンサルティングを行ったり、
チャットワークで日頃から相談に乗ったりしています。

笹田氏も含めて、友達ではないけれど友達以上のような感覚なのです。

この人達には絶対に成功して(望む結果を出して)もらわなければならない。
その為には、どうしたら良いのか?

ギフトショー出展も、もともとは企画に無いものでした。

そうやってアイデアをどんどん出していく。
それが形になっていき、結果を出していただく。

これが快感なのです。
まぁ病気みたいなものですね。

楽しいことが収入に繋がるような仕事に出会えた、
それを作りだせたのは本当に恵まれているのだと思います。

だから明日も働きます。

楽しもうぜ!

お名前
メールアドレス