ブログ

ソーシャルビジネス的発想 

2012.06.22

ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.saats.jp/

  輸入ビジネス進化論~日常から学ぶ輸入ビジネスのキモ~ No,016

                 SAATS 輸入ビジネス講師 大竹秀明

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんばんは、

SAATS輸入ビジネス講師の大竹です。

“ソーシャルビジネス”という言葉をご存じでしょうか。

事業性に加えて、社会性をも追及する新しいタイプのビジネスのことです。

■ソーシャルビジネス(社会的企業) – Wikipedia
http://goo.gl/asgYU

今日はこのソーシャルビジネスについてお話します。

それでは参りましょう。

【ソーシャルビジネス的発想】

ソーシャルビジネスってなに?

誰もが知っている例で言えば、

“1リッター for 10リッター”という言葉かと思います。

そうです。

これはミネラルウォーター・ボルヴィックの一大キャンペーンでした。

■ボルヴィック「1L for 10L」プログラム
http://goo.gl/u3gvx

我々がボルヴィックを1リットル買うと、

ユニセフを通じてアフリカなど水に恵まれない国、

子供たちに綺麗な水が届けられるというプログラムです。

テレビCMなどでも沢山流れていましたし、ほとんどの方がご存じでしょう。

ふむふむ。

なんとなくゴロもよい、そして仕組みもわかりやすい。

何よりも人としての「チャリティー」「人助け」的な部分を刺激されます。

実際にこのキャンペーンは口コミでも一気に広がって、

2007年にスタートして4ヶ月間で売上が前年度比31%も伸びたそうです。

そして7億リットル分の水を提供する事ができました。

(2008年度は更に増えて11億リットル。その後は少し落ちていきます。)

ちなみに実は、10リットルの水を送るわけではありません。

10リットルの水を「はいどうぞ」と届けるわけではなく、

売上の一部のお金が、井戸を掘ったり、メンテナンスするためのお金として

使われているという話ですね。

でも“1リッター for 10リッター”という言葉の方がわかりやすい。

イメージしやすくてキャッチフレーズとして最高ですよね。

ただ水を届けるだけではなく、インフラを整えていくので持続性もあるわけです。

ビジネス面から見ても、このモデルは非常に良くできていて、

全てがwin-winになるビジネスモデルだといわれています。

具体的には参加メンバーが下記のように4つに分かれますが、

1、消費者(買う人)
2、事業者(キリン・ダノン)
3、支援パートナー(ユニセフ)
4、支援先(マリ共和国)

それぞれ

1、社会貢献
2、売上&ブランドイメージUP
3、支援活動の拡大・発展
4、水不足の解消

というように、それぞれの立場の人達が良い思いができるというシステムですね。

一般消費者は商品を買うだけで社会貢献ができ、

事業者・販売者も売り上げがあがり企業イメージも上がる。

こういう仕組みも我々のビジネスに取り入れていきたいですね。

“この話を、今のあなたの輸入ビジネスに置き換えるとするならば・・・?”

差別化のアイデアとして、いっぱい考えてみてください^^

━━編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

僕はこのソーシャルビジネス的な発想を、

自分の輸入ビジネスに導入して売上を伸ばした経験があります。

内容は、今日のメルマガの感想を10名以上の方からいただいたら紹介します。

10名以下でしたら・・・闇に葬ります(笑)

━━発行者情報━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 輸入ビジネス・コンサルティングサービス
 ★SAATSプレミアム★
 http://www.saats.jp/join/import.html

【メルマガタイトル】輸入ビジネス進化論~日常から学ぶ輸入ビジネスのキモ~
【発行者】株式会社SAATS
【発行人】大竹秀明 
【住 所】東京都港区六本木4-8-7 六本木嶋田ビル5F
【メール】hide★saats.jp  ★を@に変更して下さい。
【Facebook】http://www.facebook.com/otake.hideaki
【SAATSオフィシャルサイト】 http://www.saats.jp/
【登録・解除】http://www.mag2.com/m/0001538910.html

お名前
メールアドレス