海外見本市

モチベーションが続かない方へ

2017.03.31

海外見本市

みなさん

こんばんは、大竹です。

ちょっと早めにメルマガを書いています。

というのも、いよいよ本日20時が
オンライン説明会の最後だからです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■ユビケン実践プロジェクト&在宅国際見本市
http://project.yubi-ken.com/

最終日ということもあって
まさに今も続々とお申込みいただいていますが

これまで延べ約80名様に
ご参加頂いたオンライン説明会。

いよいよ本日【3/31(金) 20時】が最後です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

参加枠は、ほぼ埋まってきているので
残念ながらキャンセル待ちのフェアもありますが
説明会にご参加頂くだけでも得ることはあると思います。

例えば・・
・総代理店とOEMのメリット・デメリット
・海外見本市ブースでの交渉テクニック
・新時代の物販マーケティング

などなど、ノウハウ的な話もガンガン盛り込んでます。

案内はこれで最後となりますので
まだ参加されていない方はいまからでもお申込みください。

■ユビケン実践プロジェクト&在宅国際見本市
http://project.yubi-ken.com/

さて、ご多分に漏れず
大竹は海外見本市が好きです。

色々と理由はあるのですが
“チャンスと可能性の場”と考えているからです。

過去もよく参加者の方に
「大竹さん、よく疲れませんね・・」と言われるのですが
会場に入ると、楽しくて仕方ない状態になります。

もちろん肉体的には疲れますが
ワクワクしながら会場を回っています。

「この商品面白いなー!」
「あの商品、確かAmazonで売れてたな・・」
「これカッコイイなぁ」
「なるほど、こういう商品もあるのか」
「見せ方がうまいからウチでも取り入れよう」
「あのブースの女の子、すげーかわいいなぁ」

最後のはまぁ置いといて(笑)

会場を歩きながら、脳みそはフル回転。

チャンスと可能性を感じまくりながら
たくさんの商品と人を見ています。

「一期一会」という言葉があります。

この言葉は、茶道の茶会に由来するものだそうです。
幕末の名大老、井伊直弼の書籍から広まりました。

しかし実は、元になった言葉がありまして
それは、千利休の一番弟子であり
高弟中の高弟としても知られている山上宗二が記した
「一期一度」だと言われています。

【一期に一度の会と思って亭主を畏敬すべし】

僕はビジネスというのは
最後は人と人だと思っています。

それは販売者と購入者であったり
メーカーと我々とであったりもそうです。

バリューチェーンで言えば
生産・加工・流通・販売、そして消費者へと
人から人へと繋がって成り立っているわけですよね。

結局のところ我々は
他人と影響し合って生きているのだと思うのです。

ネット輸入転売やネット物販だと
確かに誰に顔を合わせる必要もなく
全てネット上で成り立ってしまいます。

もちろんネット上では
メールで会話したり、お金を支払ったり
商品を仕入れたり、販売したりするわけですが
どうしても「人と人」という感覚は希薄になると思います。

よく
「モチベーションが続きません」
というご相談を受けることがあります。

そういう方は恐らくこの

【人と人との繋がりが感じられない】
というのも原因の一つなのではないかと思うのです。

何気なくアリババ・タオバオや
AmazonUSAから仕入れている商品でも
企画した人がいて、生産した人がいて
商品を輸送した人がいて、我々から買ってくれた人がいる。

そういう形で
「人から人」をリアルに感じられると
輸入・貿易の面白さは格段に飛躍すると思います。

僕自身、輸出入を10年続けてきましたが
物販会社やコンサルティングを通して
この貿易という世界に関わってきて

一番面白いと思う瞬間は
商品が売れる時もそうなのですが

メーカーさんやパートナーと商談したり
美味しい食事やお酒を共にしたり
お互いのプライベートな話をしたり

やっぱりそういう時なんですよね。

だから
「モチベーションが続きません」
という方にこそ
貿易の本当の世界を知ってほしいと思います。

貿易というビジネスは
国も文化も異なる者同士が
プロダクトを通じて繋がる世界

素晴らしくないですか?
僕はそう理解をしています。

最初はネットで自宅で
小さくやるのも良いでしょう。

でも、輸入ビジネスをやるのなら
この本当の醍醐味を味わってほしい。

ユビケン実践プロジェクトや
在宅国際見本市という企画は
必ずそのきっかけとなることでしょう。

泣いても笑っても
オンライン説明会は【3/31(金) 20時】が最後です。

後悔がないように選択してくださいね。

■ユビケン実践プロジェクト&在宅国際見本市
http://project.yubi-ken.com/

お名前
メールアドレス