ビジネスマインド

我がパソコンを救いたまえ…

2013.05.11

ビジネスマインド

こんばんは、

SAATS輸入ビジネス講師の大竹です。

5月に入りましたね。
ゴールデンウィークですので、ゆるーいお話を。

今日のお昼の出来事でした。

コンビニで弁当を買い、温まるのを待っていると、
ふと本棚のある本が気になりました。

“動作遅くなりし我がパソコンを救いたまえ…
 あなたのPCを甦らせるスゴ技!”

(ご紹介したかったのですが、
 残念ながらAmazonでは出てきませんでした。。。)

おお・・!
これはまさに今オレが探し求めていたものではないか!

実は最近、仕事用のメインPCがだんだん重くなってきていて、
さすがにこのままでは業務に支障をきたすと思い、
この連休で新しく買い変えよう考えていた矢先だったのでした。

パラパラとめくってみると、これが非常にわかりやすい。
タイトルはちょっとアレですが、とても役に立ちそう。

「データはできるだけ外部に移動させましょう」
「ムダな機能はすぐに無効にしましょう」

大きな項目にわかれていて、
それぞれ具体的な手順が写真付きでわかりやすく解説してあります。

僕は、恐らくパソコンに詳しいと思われているのかもしれません。
ネットビジネスで起業したわけですからね。

輸入ビジネスと言ってもネットビジネスであることに違いないわけですし、
ネットショップも散々自分で作ってきているわけです。

しかし、パソコン自体はあまり得意ではないんですねー。
スペックとか全然わかりませんし。

それでも日本人の平均で見れば、どちらかと言えば得意な方なんでしょうけど。

僕だけではなく、意外と輸入ビジネスや
ネットビジネスで稼いでいるという方も、
パソコンにそれほど強くない例がありますね。

SAATS内で一番詳しいのは、もちろん露口アニキ。
いつも困ったことがあればアニキに電話して解決してもらいます(笑)

林さんも詳しいのかな?
アニキに比べるとそうでもないのかな。

ささやんも意外と詳しそうな…顔をしていますね。

一応言い訳をさせていただくと、
僕が10代だった頃、まだパソコンは高価なものでした。
中学校でもパソコンは使いませんでしたし、高校になっても触りませんでした。

今は小学校でもパソコン使うと聞いています。
(不確かな情報でごめんなさい。)

大学に入り、やっと「情報処理」という講義でパソコンを使うことになりました。

当時はまだ小さな四角い画面の中に、緑のドットで構成された文字を見て、
今でいうところのエクセルのような表計算ソフトを動かしながら
「わーい」とか言っていた時代です。

まぁこの後社会人にでもなっていれば、会社でエクセルなどを使うようになり、
それなりのスキルは身についていくのでしょうが、
僕は音楽の道に進んでいったので、パソコンに触れませんでした。

そのうちDTMでレコーディングするようになり、
そちら目的でパソコンに触れるようになっていきました。

それがまさか、今こうしてお金を産み出す“打ち出の小槌”になろうとは・・
夢にも思いませんでしたが。

だから、義務教育の頃からパソコンに触れてきた方と比べると
圧倒的にリテラシーが低いのですね。

というわけで、今がんばって学んでいます・・大学で。

しかしお陰でサクサク動くようになったこのパソコン。

快適快適。

この調子でゴールデンウィークも
プレミアム会員様向けのコンテンツ制作をがんばっていきます。

みなさんも、どうぞ良いゴールデンウィークをお迎えくださいね。

お名前
メールアドレス