欧米輸入

輸入ビジネス=非日常体験?

2014.01.17

欧米輸入

こんばんは、大竹です。

ある会員さんからご相談を受けていました。

その方はネットショップをメインにビジネスをされており、
あるニッチ商品の専門店を運営されているのですが、
昨年の秋頃から、売れ行きが好調すぎて仕入れが追い付かない・・という事態に陥りました。

とても真面目な方でいらっしゃるので、
納期通りにお客様にお届けできない事を嘆いておられ、
どうしたら良いでしょうか・・というご相談を受けていました。

そこで僕は「どうにもならないことは割り切るしかない!」
という名言を吐くのですが・・まぁそれは置いておいて。

大幅に遅れながらも何とか商品を集めることができ、ほっとしたのも束の間。
蓋をあけてみると、そこには難ありの商品が半分以上を占めている状況。

本体にはシールを剥がしたような跡が残っていたり、
そのせいで本体にネバネバが残ってしまっていたり、
またはあるべきはずのシールが張られていなかったり、
シールがななめだったり上下が逆だったり。

欧米輸入でこんなことが起こって良いのですか!?というような内容でした。

はい。

思ってもいないような事が起こるのです。

それが輸入ビジネスなのです・・・

いかに日本人が優秀な民族か、というのが良くわかります。
(サービスや几帳面さに於いて)

欧米の商品だったら粗悪品はない、
と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、
いやいやそんなことは全くありません。

もちろん、
しっかりと品質管理しているメーカーの方が圧倒的に多いのは事実。
しかし中には新品でも「これ中古じゃねぇの?」という商品が入っていることもしばしば。

特に、アノ大国で作られた商品は、こうなる事が多いですね。

以前、物流倉庫スタッフから電話が入り
「大竹さん、すみません。●●(商品名)なんですけど、
 蓋の裏に落書き?計算式?みたいなのが書いてあるのですが、どうしましょう?」とのこと。

写真が送られてきたのですが、明らかに真っ赤なペンで誰かが書いた落書きでした。。

 よく市場に出せるな、こんなの!!

またある時は従業員から
「社長、これって明らかに中古品ですよね・・」
新品であることを示すシートが剥がされ、指紋もベタベタ残っている。

 誰が見てもどう見ても新品じゃねぇ!!

とまぁ、思いだしても熱くなるようなことは多々あります。

品質管理だけではなく、サービスもそう。
とにかく我々日本人には想像もつかないミラクルが、いっぱい生まれるのが輸入ビジネス。

でも。

それが醍醐味でもあるのですね。

世界は広いのだ。
そして僕らの価値観など、ごくごく一部にすぎないのだ。

もしかしたら僕らの価値観こそが異常なのかも?

これまで当たり前だと思っていたことがバーンと覆される瞬間。
僕はこういうの大好きなのです。

映画などでも、
最後の最後に「えー!!こいつが犯人だったの!?」的な。

24シーズン1の最後の方の、ニーナの場面のような。(わかる人にはわかる)

いいじゃないですか、非日常体験。
トラブルすらも楽しいと思えるようになったら、最強です。
(渦中は死にそうになりますが・・)

皆さんもビジネスをやっていれば色々なことがあると思いますが、
どうせなら非日常体験と楽しんじゃってください!

命を取られるわけじゃないですからね^^

お名前
メールアドレス