中国輸入

●中国からモノが無くなる日

2018.11.09

中国輸入

みなさん

こんばんは、輸入参謀・大竹秀明です。

明後日11月11日(日)は、何の日かご存知ですか?

そうです!

ポッキーの日!!

・・なんですけども。

もっと大きな影響があるイベント

それが「独身の日」です。
中国の大規模なセール日ですね。

「阿里巴巴1688」や「JD.com」など
中国ECが一斉にセールを行う日です。

日本で言えば
楽天市場とAmazonが一斉にセールを行うような感じ。

「楽天スーパーセール」と
「Amazonサイバーマンデーセール」が
一気に来るような感じと言えば、わかりやすいでしょう。

昨年2017年度の取引高は約2.8兆円で
今年2018年は3.6兆円を一日で売り上げると予測されています。

一日で3.6兆円って・・・

ちなみにこれはアリババだけの売上高

もう一つの大手JDは、昨年2.1兆円の売上
合計すると、中国EC大手2社で5兆円売れているわけです。

つまり、今年は7兆円ぐらいになるのではということ!

ものすごい金額です。

当然ですが、中国ECや物流は大混乱します。

中国ECでは品切れが続出しますし
お店によっては、既に独身の日を見据えて
一週間ぐらい前から販売してくれないところもあるぐらいです。

仕入れにも大きな影響が出ます。
しばらくは思ったように仕入れができなくなる可能性があります。

また逆に、安く仕入れることもできます。

色々な意味でも、我々のように
中国貿易をやっている者にとっては重要な日になりますね。

P.S.

ちなみに「独身の日」の由来ですが
1990年代に南京大学の学生が、
恋人のいない学生のための集まりを開いたのがルーツだそうです。

11月11日は1が4つ並ぶということで
シングルであることを祝福するのにふさわしいのでは
ということから広まっていったと言われています。

お名前
メールアドレス