クライアントの話

またまた独占権を獲得!快進撃は続く!

2014.07.17

クライアントの話

——————————————————————–

■「ひとり貿易の教科書」
~輸入ビジネス難民から抜け出すための12ステップ~
http://yubi-ken.com/manual

——————————————————————–

こんばんは、大竹です。

またまたまたまたまた、
嬉しいご報告を頂きましたのでご紹介させてください。

=======================

おはようございます。

【メーカー】に確認、交渉致しましたのでご報告させて頂きます。

●の出品そして9月のギフトショーへの出展

両方とも許可して頂けました♪

また、独占販売権の取得も可能な状況です。(TELEC等は取得する必要がありますが)

お二人のアドバイスをもとに粘り強く交渉した結果

全てこちらの主張通りやらせてもらえることになりとても嬉しいです。

ありがとうございました(bow)

(ほぼ原文ママ)

=======================

・・・よしっ!!やった!!

この方の商材は、9月のギフトショーで相当注目されることは間違ありません。
何故ならば、海外の見本市でも権威ある賞を既に獲得している商品なのです。

つまり世界中が注目している商品とも言えます。
市場ニーズもあり、デザインも抜群に優れている。

だから狙っている企業も沢山いました。

いや、本当に良く独占権が取れましたね。
ギフトショーが本当に楽しみです^^

これだけ独占販売権を獲得する方が増えてくると、
なんだか当たり前のことのように思えてきますが、
いやいやこれは本当にすごいことですよね。

自分が惚れ込んだ商品の、日本での独占販売権です。

ちょっと想像してください。
今あなたがメインで販売している商品が、自分しか販売できないとしたら・・

そりゃーもう、とんでもねぇーことですよね。

これまでも、独占販売権などを獲得された方々をご紹介してきました。

共通しているのは・・・みなさん一度は心が折れる瞬間がある(笑)

もちろん、無謀なチャレンジをされているので、仕方がないのです。
それでも諦めずに交渉を進めていった結果、勝ち取っているのです。

相手は、できれば大きな会社に日本市場を任せたい。
そりゃー相手の立場になったらそうです。

社運をかけた商品を、経済大国日本のマーケットを、その人に任せるのですから。
娘を送り出す父親の気持ちに等しいのではないでしょうか。

そんな状況の中、どうして個人に近い状態の、
小さな会社の僕たちが独占販売権を取れるのか?

それは、
理屈じゃないからです。

もちろんユビケンにも交渉のノウハウがありますが、
最終的にはノウハウではないのです。

これは是非、体感していただきたい。

せっかく輸入ビジネスをやっているのですから。
なんとなく転売して、なんとなく小銭が稼げて(・・いる気がしている)
そんなレベルは早く卒業して、ダイナミックな貿易の世界へ行きましょう。

その、輸入転売から貿易への
道筋を表わしたものが「ひとり貿易の教科書」。

別にユビケンのプロジェクトを使わなくてもいい。
香港などでも、何人か現地でバッタリお会いしました。
それでも全然良いのです。

現地へ飛び出して、
理屈じゃないものって何だろうかと、味わってほしいです。

ちなみにこの方が仰っているTELECというのは電波法ですね。
ユビケンではこの辺りのこともアドバイスをさせていただいています。

自社商品や総代理店として販売を行うなら
きっちりとクリアーして、胸を張ってビジネスをしましょう。

——————————————————————–

■「ひとり貿易の教科書」
~輸入ビジネス難民から抜け出すための12ステップ~
http://yubi-ken.com/manual

——————————————————————–

お名前
メールアドレス