ビジネスマインド

アーティストvsエンターテイメント

2013.05.20

ビジネスマインド

こんばんは、

SAATS輸入ビジネス講師の大竹です。

先日、主にアメリカからの仕入れに力を貸して下さっている
海外パートナーが来日し、最寄駅まで訪ねてきてくれました。

お会いするのは久しぶりだったのですが、こちらの近況を話しているうちに
どうやって新規事業を大きくしていくのがベストなのか、という討論会になりました。

まぁここはビジネスマン同士です。
熱い討論会となりました。

その中でも大きく話題になったのが、
“客数×客単価×購入頻度”の話。

これは僕も昨年のセミナーでお話させていただきましたし、
もはやマーケティングの世界では錆びつきかけた公式ではありますが、
考え方としてはやはり重要ですよね。

漠然と考えるのではなく、フレームワークとして客観的に見ていく。
そう考えていかないと結局どうやって考えていけば良いのか、
きっかけが掴みにくいわけですね。

なんとなく「売上を上げたい」「お客さんを集めたい」では心許ないのです。

そして、何よりもお客さんが何を欲しがっているのかが大切だという話。
やはりここに尽きますね。

もちろん自ら文化を作りだしていくビジネスも素敵ですが、
独りよがりで結局ビジネスとして大成できないのは、どうなのかなと僕は思います。

仮にできるとしても非常に高度ですし運も影響するし、
現実的には資金もかかるでしょう。

それよりは“市場に聞く”方がうまく行きやすいですね。
特に初期段階としては圧倒的にリスクが少ないと言えるでしょう。

ピンと来ていない方の為に敢えて言えば、
これが僕らの世界で「リサーチ」と呼ばれているやつです。

自らの天才的感性を信じて商品を仕入れる・作り出すよりは、
既に売れているものに乗っかる・流れに乗っかる方が
失敗するリスクは断然少ないです。

そしてリサーチはデータを活用できますので、再現性もあります。

ミュージシャンやアーティストと呼ばれる人達も、大きく2分されます。
一つは、自らの芸術性を追求していくタイプ。
いわゆるアーティストという人種です。
極端に言えば「理解されなくても良い、わかるヤツだけわかってくれ」
という感じですね。

もう一つは、大衆性・エンターテイメント性を重視するタイプ。
流行なども柔軟に取り入れていき、それすらもスタイルとして
積極的に人を楽しませていくことに喜びを感じる人種。
まさにエンターテイナーですね。

一見すると、前者の方が天才肌のようですが、後者にも天才はいます。
エンターテイナーというのは戦略的でもあるわけですから。

僕らはアーティストになるのではなく、エンターテイナーになりましょう。
特にネットショップなどやられている方は、
お客さんが本当に求めているものは何か、という事を強く意識して追求してみましょう。

そして、それを最高の形で提供して差し上げると。

その追求が個性となり、差別化となり、選ばれるお店となっていくことでしょう。

【編集後記】

最近何故か思い出したようにGUNS N’ ROSESを聞いています・・

TOP

今日の話を敢えて繋げるならば、
彼らはアーティスト性とエンターテイメント性が同居していた好例だと思います。

楽曲も鮮やかだったし、ビジュアル的なインパクトもあった。
それでいてロックンロールの危うさも兼ね備えていました。

賛否両論ありますが、やはりアクセルローズは魅力的な人だったと思います。
カッコよかったなー、あの頃は。(過去形ですが。)

お名前
メールアドレス