輸入ビジネス

冴えないオジサンの冴えまくるビジネスセンス

2014.09.10

輸入ビジネス

こんばんは、大竹です。

SAATS笹田プレミアムの募集が開始となりました。

■笹田プレミアムのご案内ページ
http://goo.gl/7FYGX9

このメルマガを読んで頂いている方は当然ご存知かと思いますが、
笹田氏と大竹はパートナーとして共同でユビケンという会社を設立し、
「夢のあるワクワクすることをやろう!」と様々なチャレンジを行っています。

笹田氏と出会ったのは、今から3年半ほど前。

ユビケンの打ち上げなどでは冗談半分に話をしているのですが、
出会いのエピソードが面白いので、今日はご紹介させて頂きたいと思います。

はじめて出会ったのは、ある輸出入ビジネスのイベントでした。

笹田さんは、関西から2人で参加されていました。
一緒に居たのが、当時輸入でバリバリと結果を出していた若者で、
「輸入ビジネス最高っすよ!!」というイケイケな感じだったのです。

一方、隣にいるオジサンに「輸入ビジネスどうですか?」と聞いても
「いや、まぁこれからですかね・・」と、何ともまぁ歯切れの悪い回答。

 冴えないオジサンだなぁ。。

これが、僕の笹田さんへの最初の感想(笑)

まさかこの冴えないオジサンと、
まさか数年後には世界中を飛び回り、
まさか一緒に会社までも設立するようになろうとは・・
夢にも、夢の中の夢にも、全く思いませんでした。

その後、笹田氏と再会するのは
それから1年半後、今から2年前のSAATSイベントの打ち上げでした。

僕はちょうど何かのセミナーに行っている日で、
イベントにも打ち上げも行くつもりはありませんでした。

しかしミスター林氏から
「大竹さん来ないの??来た方がいいと思うよ」とのメール。
これはSAATS的な命令なのかなーと、仕方なく渋谷の居酒屋に行きました。

「こんばんは~ あれっ?!」
「あれ?もしかしてSAATSの大竹さんって・・あの時の大竹さん?」

そこにはなんと、あの冴えないオジサンがいるではありませんか。
しかも当時とは別人のような、堂々とした佇まいで微笑んでいました。

 冴えないオジサンが・・なんでここに??

久々の再会を祝し、乾杯をした後に話を聞いてみると、
彼はあの後ebay輸入、つまり欧米輸入では思うように結果を出せず、
試行錯誤の末、中国輸入に活路を見出し大きく売上を上げてきたとのこと。

これがその後“俺ブランド”という概念に繋がるのです。

ある時、東京で自主セミナーを開催するというので参加してみる事にしたのです。
もちろん彼がまだSAATS講師になる前でした。

感想は・・

この人はまともな事を言っている。
とても理にかなっている。
発想が柔軟で頭も切れる。
そして単純に話が上手い。
声がデカイ。

当時僕は、自らも“ネット輸入ビジネス講師”という立場であるにも関わらず、
何となく「販売者至上主義」のような空気感に全く馴染めず、
違和感を感じていたのですが、彼の話には非常に共感をしました。

我が意を得たり!とは、まさにこの事。

それからは頻繁に連絡を取り合うようになりました。

ある時ミスター林氏が
「笹田さんを中国輸入講師として招くのはどうだろう?」という相談にも
「彼なら良いと思います」と素直に答える事ができました。

僕らはいつも二人でビジネスを語り合います。
日本にいても、海外にいても。早朝でも、深夜でも。
盛り上がり過ぎて、クライアントさんを置き去りにしてしまうことも(笑)

僕はいつも、大きく夢やビジョンを語る。

こんなビジネスができるかもしれない。
あんな方法もアリかもしれない。
こんな事ができたら・・面白くないですか?と。

すると、いつも決まって

「いや~そうですよね」
「いいですね!やりましょう!」
「こういう風にすれば実現できるんじゃないですか?」

そうやって背中を押してくれる存在です。

ユビケンは、そうやってお互いに高め合いながらビジネスを進めています。
だから僕にとってのユビケンとは、笹田直輝そのものなのです。

人生とは、不思議なもの。

あの時、笹田さんを「冴えないオジサン」としか思えなかったのは
僕の、人の才能を見る能力が乏しい事を露呈してしまっていて、大変お恥ずかしい限り。

今ご自身でやられているビジネスが
心から楽しいと思ってやられているなら、それで全然良いと思います。

しかしそうではなく、もしも何か違和感や疑問を感じながら進められているのなら
笹田プレミアムで「まっとうな貿易ビジネス」を学ばれる事をお勧めいたします。

募集期間は本日2014年9月10日(水)から9月19日(土)までです。

■笹田プレミアムのご案内ページ
http://goo.gl/7FYGX9

お名前
メールアドレス