ビジネスマインド

大いなる勘違い

2013.04.27

ビジネスマインド

こんばんは、

SAATS輸入ビジネス講師の大竹です。

輸入ビジネス技法伝授プログラム【大竹プレミアム】が
4月にスタートしてそろそろ1ヶ月が経とうとしています。

新しく入会いただいた会員さんもアクティブに活動をされています。

先日、いきなり価格交渉で33%も(!)安く仕入れることが
できることになった方のご紹介をしましたが
他にも僕の好きな「程よくニッチ」な商材を発掘された方や
専門家が使うような商品を中心にネットショップを
複数展開されている方もいらっしゃいまして
こちらも「なるほどな〜」と感心させられることもしばしば。

中国輸入のエキスパートの方もさりげなく参加されております(笑)

さて、コンサルをしていて初心者の方でも
「この方はセンスがいいなー」という方がいらっしゃいます。

恐らくこのまま大きく間違えなければ
結果を出されるだろうなと思える方です。

センスの話に関しては、これまでの環境や育ち方や
バックグランドが大きく関わってくるかと思うので
一概にどうすれば良いかというのは言えないと思いますが。

それではセンスがない場合はどうしたら良いのか?
という話になると思います。

正直申し上げて僕自身も、センスない方だと思います。
いや、正確に言うと「センスがなかった」と思います。

今は、まぁまぁセンスがある方かな?
やっと身に付いてきたかな? と思っています。

それはやはり、ある程度の結果を出してきたことで
自信が出てきたということでもあります。

まだ5年程度ではありますが
商売をはじめて試行錯誤と挫折を繰り返して
時には海外に出て行って商談をして
気が付けば年商も億を越えて・・

長くやってくれば当然上手くなってきますよね。

もちろんまだまだこれからなのですが
少なくてもしっかりと取り組めば
成果は上がるのだということを身体で覚えているので
昔に比べて相当くじけにくくなったと感じます。

自信をもって行動する。

ここは「大いなる勘違い」でも良いと思うのです。

Mr.Childrenの桜井さんも、幼い頃に姉に
「あんた天才じゃないの?」と言われて
そこから音楽にのめり込んでいったそうです。

=================================
姉のギターを借りてナルシソ・イエペスの「禁じられた遊び」を
単音で弾き真似をしていた時、姉が冗談で言った「あんた天才ちゃう?」
という冷やかしを真に受けてしまい、音楽の道を志す。
(Wikipediaより引用)
http://ja.wikipedia.org/wiki/桜井和寿
=================================

交渉・商談する時にも、ある意味ではハッタリも必要です。
自信がないそぶりを見せたら、相手の思うようにされてしまいますからね。

「わぁ…どうしよう…」

心の中ではそう思っていても涼しい顔をして

「できます」
「やります」

そう宣言してしまいましょう。

やはり自信をもって行動するというのは
結果が大きく変わってくるのではないかと思います。

お名前
メールアドレス