輸入ビジネス

本当の商売を楽しみましょう

2013.03.17

輸入ビジネス

こんばんは、

SAATS輸入ビジネス講師の大竹です。

本日も新しいプレミアムについてご質問をいただいております。
http://www.saats.jp/join/otake.html

その中で「他の輸入ビジネス塾のようなところと、大竹さんのは何が大きく違うのですか?」
というようなご質問をいただきましたので、お答えさせていただきますね。

まず、今回のプログラムは、
ゼロからの方でも輸入ビジネスで利益を出せるようになっていただく為のプログラムです。
ネットショップの運営まで進んでいただきますが、もちろんAmazonやヤフオクなどでも併用して販売をします。

ですので、既にある程度ビジネスを進められている方でもOKですし、
なかなかうまく行っていないという方、つまり「やりなおし」を考えている方にも最適です。

これまでに輸入ビジネスにチャレンジして、
なかなか成果が出ないという方は、恐らくどこかが「ちょっとだけ」違うだけなのです。
そのポイントを掴んでいただければ、カリキュラムの終了後もご自身の力で望んだ利益を上げていけるでしょう。

既存のプレミアム会員様の中にも、副業レベルで月利2〜30万円を得ている方や、
本業として月利100万円以上を上げている方が実際にいらっしゃいます。
中には破産寸前から月商900万円まで登り詰めた方もいらっしゃいます。(旧会員様)

商売というのは「安く仕入れて高く売る」が原則です。
ここを外してしまっている方があまりにも多いと僕は感じています。

 お客様が欲しがっているものを(安く)仕入れてきて、
 どこよりもお客様に満足していただいて販売をする。

詰まるところはこれだけなのです。
これが徹底してできれば、必ずビジネスは上手くいきます。

必ず、です。

例えば僕が現在やこれまでに販売してきている商材は、ライバルよりも値段が高い事が多いです。
しかし、それでもウチを選んで買っていただける方が多いです。
「あなたのお店で買おうって決めていました」
そうやって言っていただける事が多いです。
満足度や販売数では恐らく日本一のものがいくつかあります。
お客様の満足度、そこに最も力を入れているからです。

95%の人が、ただ値段を下げれば良いと思っているのですね。
しかし我々のような資金の少ない個人〜小企業レベルのビジネスに於いて、
ただの値下げはもの凄く危険な行為です。冗談ではなく命を落とします。
僕の周りでも値下げに走って消えて行った起業家を沢山知っています。
それも一人二人のレベルではありません。

今、自称輸入ビジネスコンサルタントというのは、なんだか大勢いらっしゃるようですが、
まぁ恐らくその半分は年内に消えていくでしょう。

違うんですよ。
値下げでは解決しないんです。
値下げして売ることは小学校4年生にでもできます。
でもそれでは商売としては続かないんです。

そして、価格が安いだけの理由で商品を買っていくお客様は、
また安さを求めて他の販売者の方に行ってしまいます。
そうやって、いつまでもいつまでも、終わりのないループに入り込んでしまいます。

また更に厄介なことに、
ビジネスというのは、新規顧客獲得のコストというものに最もお金がかかります。
我々は一度買ってくれたお客さんに、もう一度二度買っていただかなければならないんです。

それが商売です。

そして、その「もう一度買ってもらう」ということに繋げやすいのはネットショップです。
なぜならば、自分の好きなようにカスタマイズ、表現ができるからです。
例えば「夏のクリアランスセール!」とか「2枚目は無料!」とか、
こちらから色々と仕掛けていくことができます。
これはAmazonやヤフオクでは、なかなか難しいところですね。

この辺りのことをきちんと伝えている、輸入ビジネスコンサルタントというのが殆どいないと感じます。

この「お客様に満足していただいて選んでいただく」という感覚。
僕はずーっと当たり前だと思っていました。
ライバルよりも商品を魅力的に見せて、安値じゃなくても選んで買っていただく、という事が。

しかしそうでもなかったんです。
ある方に言われて気がつきました。

「大竹さんは商品の魅せ方が抜群に上手い。
 これは恐らく長年ミュージシャン、エンターティナーとして生きてきたからなのでしょう」

なるほどと思いました。

ミュージシャン時代というのは「いかにお客さんを喜ばせるか?」ということを24時間365日考えていました。
バンドではリーダーを務めることが多かったですし、アイデアは出せる方だったので、
他のアーティストのプロデューサーをしていた時期もありました。

「ここでブレイクを作って、みんなでジャンプするようにしたらどうだろう?」とか
「登場シーンで、会場の後ろから登場したらきっとみんな喜ぶよね?」とか、
そんなことをいつも考えるクセが付いているのですね。

そんな経験がまさか後々の物販に生きてくるとは・・夢にも思っていませんでした。

長くなりましたが、僕がこの4ヶ月間でお伝えしたいのは、そういうことです。
具体的にはAmazon・ヤフオク・ネットショップを使った輸入ビジネスですが、
本当の意味では僕なりの「商売の方程式」というところをお伝えしたいと考えています。

どうせなら、お客さんに心から満足していただいて、感謝されるビジネスにしませんか?
そんな提案に賛同していただけるなら、是非一緒にがんばってみましょう。
本当の意味での商売というものを、是非味わっていただきたいと思っています。

プレミアムでお会いできることを楽しみにしております。

【輸入ビジネス技法伝授プログラム】
http://www.saats.jp/join/otake.html

お名前
メールアドレス