ヤフオク

2014.08.05

ヤフオク

無料は良いことなのか?

——————————————————————–

■「ひとり貿易の教科書」
~輸入ビジネス難民から抜け出すための12ステップ~
http://yubi-ken.com/manual

——————————————————————–

こんばんは、大竹です。

昨年の秋、突然Yahoo!ショッピングが無料化を宣言しました。

一時はECの流れが大きく変わるなどと言われていましたが、実際どうなったのでしょうか。

それに回答してくれるニュースがありました。

■楽天市場、ヤフーのEC出店無料化は「全く影響ない」–1~6月期は増収減益
http://japan.cnet.com/news/business/35051853/

==引用ここから==============================

楽天代表取締役副社長CFOの山田善久氏は8月4日に開かれた2014年度第2四半期決算説明会で、
ヤフーが2013年10月から「Yahoo!ショッピング」のストア出店料と販売手数料を無料化していることについて
「楽天市場の出店数や退店数、流通総額をみても全く影響を受けていない」との見方を示した。

==============================ここまで==

もともとショッピングモールとしては
圧倒的大差で楽天市場に軍配が上がっていたわけですが、
今回の事例により「無料にすれば良いというわけではない」ということが
一つの結果として露呈した形になりました。

 確かに出展者は増えるかもしれない。
 しかし・・お店の質はどうなのよ?

というところですかね。

例えばネットビジネスの世界でもそうですが、
「無料」の情報というのは無限にあります。

逆に、むしろ

「無料の情報しか見ないんだオレは!
 金使わないんだ!すごいだろー!」

みたいな方もいらっしゃるかと思います。

しかし、ですね。
なぜ無料なのでしょうか?

・世の中を幸せにしたいから?
・その人はもう十分に稼いだから人助けのため?
(むかし、こんなコピーが氾濫した時期がありましたね(汗))

無料の情報が悪いとはいいません。
中には価値の高い情報もあるでしょう。

しかし。

膨大な無料という宇宙の中から、
一筋の輝く価値のある情報を見つけ出すのは・・本当に至難の業だと思います。

何故ならば一見では分からないからです。

寧ろ本物は「地味」だったりするもの。
ある程度の有識者でないと見分けることは困難でしょう。

だいたい、ですよ。
僕もこうしてメルマガを発行しているわけですが、
例えばアフィリエイトのリンクばかりのメルマガを出している人もいますが、
「ああ、この人は本当に有益な情報ばかり発信していて素晴らしいな!」なんて思わないですよね?

もちろん、アフィリリンク以外の内容が面白かったり、
学びがあるのだったら全然OKですよ。

でも・・そりゃークリックしてほしい、つまり売れてほしいから載せているんですよね。

ちなみに、こういうトーンで書いているからといって、
そういうやり方に対して僕は全く否定はしません。
それも一つのビジネスだからです。

僕は、これまで2年以上メルマガを書いてきても、
ほとんどアフィリエイトなどをしてきませんでした。

しつこく「メルマガで紹介しろーしろー」という方もいるので、
そういう人とは心の中でこっそりとバイバイしてきました^^

僕が載せるのは、SAATSやユビケンや、自分のサービスだけ。
他には信用できる人のサービスや、本当に良いと思えるものだけ。

「お前も同じじゃねぇか!」と思いますか?

いいじゃないですか、
自分のメルマガで自分のサービスを紹介したって。
一体どこで紹介すれば良いのですか(笑)

我々は販売者=商売人なのです。
しっかりと価値のあるものを作り、提供し、きちんと対価をいただく。
それが商売人ではないでしょうか。

無料や安価で質の悪いものを提供して、
または質は悪くないんだけど対応しきれなくなって、
結果、お客様がガッカリしてしまうようなのではダメだと思うんです。
誰も幸せになりませんから。。

全ての方に賛同して頂けるとは思いませんが、
僕自身はそういう哲学でビジネスをしています。

無料大好きという方。
世の中がどのような仕組みで成り立っているのか。
それをご自身なりに考えてみてください。

テレビのバラエティの中で
一体どんな鬩ぎ合いが行われているのか、冷静に考えてみましょう。
少なくても、表面上だけで鵜呑みにするのは危険です。

お馬鹿キャラは、馬鹿ではない。
怒りキャラは、本当は怒っていない。

みんな売れるために本当に必死なんです。

話が大分逸れましたが、有料にも無料にも、
それぞれメリット・デメリットがありますよね、というのが言いたかったことです。

しっかりと見極めたうえで、利用していきたいものですね。

——————————————————————–

■「ひとり貿易の教科書」
~輸入ビジネス難民から抜け出すための12ステップ~
http://yubi-ken.com/manual

——————————————————————–

お名前
メールアドレス