ビジネスマインド

突き抜ける直前には、大きなトラブルがやってくる

2015.04.08

ビジネスマインド

こんばんは、大竹です。

昨日、一ヶ月振りにメルマガを出させて頂いたのですが、
数名の方から「待ってました!」とメールを頂きました。

本当にありがとうございます。
むしろ、なんだか申し訳ありませんでした(笑)

さて今日お話ししたいのは・・
“突き抜ける直前には、大きなトラブルがやってくる”という話です。

執筆に集中していたこの数ヶ月の間ですが、
SAATSプレミアムや輸入参謀、そしてユビケンのサポートは並行していました。

その中でも、いよいよ突き抜けた結果を出された方がいらっしゃいます。
いや、正確には“マジで突き抜ける5秒前~♪”という状態です。古い。

この方、Aさんとお呼びしましょう。
もともとは、SAATSプレミアムでサポートをさせて頂いた方なのですが、
輸入参謀を募集した時「絶対に独立したいのでお願いします!」と、
熱い想いと共に応募されました。

しかし残念ながら、の道のりは平坦ではありませんでした。
本業がとにかく忙しく体調を崩すこともありました。
ご本人としても、上手く時間が割けなかったこともあったのでしょう。
これまで思うように進まなかったのは事実です。

しかし、コンサルティングでは僕も色々なアイデアを出しまり、
とにかく一つでも突き抜けた結果を出しましょう!独立しましょう!と
共に夢を見てやってきました。

そんな中、Aさんは限られた時間の中でも愚直に準備を進めてくださいました。
それは僕としても本当に助かりました。

そして、ある一つのアイデアが飛び出しました。

とある商材の面白い切り口(コンセプト)を見つけたのです。
準備できることはしっかりと準備を進め、
ウチの中国輸入サービス「CD-China」もフル活用して頂いて、いざテスト販売。

結果、なんといきなり1商品が1週間程度で100個以上売れ出すことに!
複数のバリエーションで展開しているので“×複数”です。
まだ販売したばかりのテスト販売の状態にも関わらず、です。

「やりましたね!いよいよ掴みましたね!」

僕もAさんも大喜びです。
しかし、その直後に大きな落とし穴があったのです。

まさか・・という事が続きました。

しかしその時、僕には確信がありました。

突き抜ける直前には、大きなトラブルがやってくる。
それはいわば、最後の試練であり、大ボスのようなもの。

Aさんに伝えました。

「本格的に販売する前で良かったです。改善しましょう。
 少なくても売れる、ということはわかりました。
 この商品は必ずいけますので、信じて着実にやっていきましょう」

振り返ってみると、僕自身がそうでした。
自分なりのブレイクポイントを思い返すと、
必ず直前に大きなトラブルを経た後なのです。

その瞬間は「マジか・・もうダメだ・・」
そう思える出来事を経た後なのです。
イッた!という状態になるには。

これは別に、強引な理論を展開したいわけではありません。
「何とかの法則」とか、そういう話をしたいわけではありません。

トラブルを乗り越えてやろう!という気持ちが
プラスに作用することは、大いにあります。
でもそれだけではないと思います。

それは単純に“運”が巡ってきたのかもしれません。
それとも良い意味での“諦め”なのかもしれません。
もしかしたら“覚悟”なのかもしれません。

抽象的に思えるかもしれませんが、
近いところまで経験された方は大きく頷いて頂けるのでは、と思います。

そしてAさんがどうなったか。
まだ100%クリアーしたわけではありませんが、今まさに突き抜けています。
最初に立てた目標は見事クリアーしました。、
この勢いで行けば、もう十分に独立してやっていけるレベルでしょう。

思えば本当に色々ありました。
時間が作れないということで、Aさんの地元まで訪問して、
喫茶店でコンサルティングを行ったのも、良い思い出です。

おめとうございます、Aさん。
もちろんまだ油断はできませんし、もっと突き抜けて頂きます。
更に飛躍していきましょう!

それで・・・ですね。
大竹自身も、実はまたこのポイントにやってきていると感じています。
トラブルが、結構良い感じで色々と起きているんです、続々と・・(笑)
まさにブレーク前夜、というイメージです。
一気に突き抜けたいと思っています。

大きな成功の前には、大きなトラブルがある。

何かトラブルがあったら思い出してください。
結局、勝つまでやる!という意気込みで続けていれば、
必ず突き抜ける瞬間がやってくるのだ、ということです。

「わかる!わかる!」という方、
是非あなたのエピソードを教えてください。
このメルマガでもご紹介させて頂けたらと思います。

Aさんの今後の突き抜け具合については
是非またこのメルマガでお話させて頂けたらと思います。

そしてAさんには、僕のセミナーで胸を張って、
堂々と力強くスピーチして頂くというのが、輸入参謀大竹としての夢です。

お名前
メールアドレス