輸入ビジネス

2013年の終わりに

2013.12.31

輸入ビジネス

こんばんは、大竹です。
早いもので2013年も本日31日で終了ですね。

今年もやはり年末商戦の売れ方がものすごく、
12月からスタートした新期プレミアムのサポートに追われた事もあり、
または別の事業でも「年内までに!」という案件がどうしても多く、
他のことをしている余裕がありませんでした。

スタッフも本当によく頑張ってくれました。
今でも事務所は泥棒が入ったかのような散らかり具合…

僕自身は本日年内最後のコンサルティングがありました。
そしてミーティングも終了し、やっと今年の仕事が終わったところです。

みなさんはどんな一年だったのでしょうか?

今日は年内最後のメルマガということで、超個人的なお話しをさせてください。

今月の18日、僕は39歳の誕生日を迎えました。
そして遡ること5年前の34歳の誕生日に、僕は最後のバンドを解散させました。

バンドマンから起業家に転身して、ちょうど5年が経ったのです。

5年前のあの日、僕は生まれ変わる覚悟を決めました。
過去は、絶対に振り返らない。
そう誓って輸入ビジネスに没頭してやってきました。

例えば同じSAATS講師の柿沼さん。
彼は音楽もやりながら起業をし会社も運営されています。
しかし僕にはそれができませんでした。

過去を否定しなければ、前に進めない。
自分は一度も社会人を経験していない、自分には音楽しかない。
余裕が全くなかったのです。

そうして一生懸命あがいてやってきた結果、
気がつけばバンドマンであった自分が、僕の個性となっていました。
キャラクター的な意味だけでなく、何より商品の販売の方法においても、そう。

僕はコンサルティングで「ライバルとの差別化が命」という話をするのですが、
これは結局、バンド時代に「どう目立つか?」「どうお客さんを喜ばせられるか?」
というところを強く意識して活動していたことで養われたものなのです。

セミナーなどやっている時に思う事は、
ステージに上がって音楽を演奏しているのと、実は何も変わらないということ。
以前はギターを弾いていましたが、今はビジネスを語っているだけ。
結局、何ら変わりがないということに気が付きました。

また若いバンドのプロデュースも行っていたので、
どこをどう直すとクオリティが上がるのか、アドバイスをしていました。

これらが現在の仕事に繋がっているのは、言うまでもありません。

誕生日の日、ずっと封印していた最後のCD音源を聴きました。
もやもやしながら過ごした最後のバンドマン時代の記憶が蘇りました。
あのとき、勇気を出して過去を捨てる決断をしてくれたから今がある。
5年経って、やっとフラットに一周できた気がします。

来年2014年以降、僕はこれまでの5年間とは違うチャレンジをし続けていくつもりです。
もちろん真面目に本気に、輸入物販ビジネスの可能性を追求していくつもりです。

メルマガでお付き合い頂いている皆様にも、
これまで以上に良い情報をご提供できるよう、
真摯に向き合ってビジネスを進めていきたいと思います。

2013年も大変お世話になりました。
良いお年をお迎えください。

2013年12月31日 大竹秀明

お名前
メールアドレス