中国輸入

続・熱い熱い歓迎

2016.06.17

中国輸入

みなさん

こんにちは、大竹秀明です。

昨日のメルマガで書きましたが
現在、中国に滞在中です。

自社義烏オフィスの改善と
新規取引先の工場訪問できています。

工場訪問2件目は、
義烏から新幹線で2時間ぐらいの
江蘇省というところにある宜興市(イーシン)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9C%E8%88%88%E5%B8%82

昨日同様かなりマニアックな場所です(笑)
少なくても日本人はあまり来ないところでしょう。

新幹線を降りると、工場の方が迎えに来てくれました。
駅から車で1時間ぐらいしたところに工場がありました。

昨日の永康市の工場よりも、かなり規模が大きいところで
それもそのはずで、全世界へ相当量を輸出している大きな会社です。
特に最近は韓国からの注文が急増してきたと言っていました。

社長と専務にご挨拶。
今日もお茶でおもてなしをしてくれました。
中国の文化なのでしょうね。

僕も例によって「東京ばな奈」をお土産に。
社長はとても嬉しそうに喜んでくれました。
(中国に行かれる方は「東京ばな奈」お勧めですよ!)

そして商談スタート
こちらの要求を伝え、彼らの回答を受けて
また要望を伝えていきます。

つくづく思うのは、やはり現場まで来て
社長(実権者)と話をするのが一番早いということ。

これまでうちの中国スタッフを通じてやりとりしていても
不透明だったことが一気にクリアーに。
「実はそんなことまでしてくれるんだー」という感じでした。

もちろん価格も下げてくれました。

工場内を徘徊すると、韓国行きのダンボールが
ものすごい高さで積み上がっていました。
また普段売っている商品が、どのような過程で作られるのか
全て見せてくれて「おお〜すごい!」という感じでした。

帰り際は今日も
「夕食をご一緒にいかがですか?」とのお誘い。
超豪華な料理店で
社長、専務を筆頭に合計7名で僕の歓迎会を開いてくれました。

ここで一つワンポイントレッスンなのですが
中国で「乾杯!(ガンベイ)」というと
どうも「一気!」に等しい意味になるようなのです。(干杯:ガンベイ)

仕方がないので一気を続けていくと、妙に褒められます(笑)
「お前は英雄だ!」みたいな感じ。
女性社員もいたのですが、容赦なく飲まされます。

僕には幸運にも
バンドマン時代に鍛え抜かれた一気!の技術があるので
ビールの一気は、結構いけるんです。

次々とあちらの社員と一気!を続けていくと
専務が「あなたはすごい!!」と興奮して立ち上がり
「深い付き合いをしよう!」とノリノリに。
こんなところでバンドマン時代の技術が活きるとは・・

そうして最後には
専務と社長と肩を組み飲み、続けながら
「最高だ!最高だ!」と言い合う感じに(笑)

そして酔っ払いにはありがちですが
「本当に良く来てくれた。あなたの訪問を心から歓迎します」
と熱く抱擁してくれました。

なんだか中国人と一つになれた気がしました(笑)

真面目な話もたくさんしました。
ビジネスの本質を教えてくれた、というか、
「あなたはこうやっていけば絶対に大金持ちになります」
という、中国商人の知恵・極意を教えてくれました。

最終新幹線の時間まで飲み続け、
一同で駅まで見送ってくれました。

本当に暖かい。
心震える夜が続いています。
この貿易というビジネスは最高ですね。

メルマガ読者のみなさんも
ぜひ取引先に足を運んでみてください。
大歓迎してもらえると思います。

ただ・・・

飲まされて潰されないように注意!!

<参考サイト>
中国習慣食事マナー、宴会で異常に飲ませる中国人に打ち負けないコツ。その1乾杯【干杯】

中国習慣食事マナー、宴会で異常に飲ませる中国人に打ち負けないコツ。その1乾杯【干杯】

お名前
メールアドレス