輸入ビジネス

2019.08.08

輸入ビジネス

●ビジネスは原理原則を押さえろ!

みなさん



こんばんは!
輸入参謀・大竹秀明です。


例えば

「水は高いところから低いところに流れる」
「生物はいつか死ぬ」
「夏は暑いものだ」


などなど、
自然の摂理と言っても過言ではないぐらい
ものごとには『原理原則』というものがあります。


原理原則を捉えないと
無駄な労力ばかりを踏むことになります。


上記の例で言えば、
無理矢理、水を低いところから高いところに流すには
相当な労力とエネルギーが必要ですよね。


そこは原理原則を捉えて
逆走させず、流れに乗っかるのが
一番効率的なわけです。


物販ビジネスで言えば

79ページの
『流通チャネルを把握しておこう』
に書いてある

「最上流からの仕入れ」

これはもう原理原則なんですね。


書籍から引用します。

===========

転売系ビジネスの場合、どこから仕入れているかと言うと「小売店」からです。
その少ない利ざやの中でライバルとせめぎ合いをするので、利益がまったく残らない構造になります。
ただでさえ利益が少ないところで価格競争が起こり、amazonなど販売サイトの手数料がかかり、
送料がかかり、そしてただ1回販売するだけ。
しかも、競争が激しくなると広告費を使い……ということで、最終的にはほとんど
利益が残らないということになってしまうのです。
これが、まさに私自身が年商1億、2億と駆け上がってきた時にぶつかった壁だったのです。
構造上、利益が出ないようになっているのです。
「こんな少ない利ざやの中で勝負していてはダメだ、もっと上流へ行かなければ」と気づきました。
つまり、メーカーや代理店といったところに自分がなっていかないと商売を長くやっていくことができないのです。

(大竹秀明「輸入ビジネス3.0」(フォレスト出版)より引用)

===========


「メーカー・工場」
 ↓
「代理店・商社」
 ↓
「卸問屋」
 ↓
「小売」
 ↓
「消費者」



私が作り上げてきた
『ひとり貿易』というのは

「メーカー・工場」
「代理店・商社」

まさに(最)上流なのです。


かつ、クラウドファンディングという
今の時代を象徴するツールを駆使して

・先行販売
・テストマーケ
・プロモーション
・実績作り
・ブランディング

が、できてしまう!

本当にすごい方法だと
我ながら思っています。


ただし。
勘違いしないで頂きたいのは

何もしなくても
お金が湧いてくるものではありません。

誰かがやってくれるものでもありません。

本人の努力や行動が必要だということ。


しかし。

このとんでもない可能性を知って
ワクワクしてたまらない人は
ぜひセミナーにいらっしゃってください。


東京、大阪は満席も出ていて
講演も追加されています。

実はもう、明日には募集が終了!

見逃すな!


▼『セカワク!!貿易家プロジェクト』
https://hanasakasuafc.com/lp/29673/937070


最後までお読み頂きまして
ありがとうございました!

それでは、また!

――――――――――――――

《どんな内容なの?という方はこちら》
★新刊「輸入ビジネス3.0」無料立ち読み46ページ
https://www.forestpub.co.jp/author/otake_hideaki/lp/cp_yunyu3/yunyu_tachiyomi.pdf

《Amazonでの注文はこちら》
▼新刊「資金ゼロではじめる輸入ビジネス3.0」 (Amazon)
https://amzn.to/2ldeiBN

▼クラウドファンディングで資金調達に成功するコレだけ!技(技術評論社)
https://amzn.to/2UcLt95

▼期間限定で第一章を無料公開中!
https://asp.jcity.co.jp/FORM/?ac=32912S1717S17S34

お名前
メールアドレス