輸入ビジネス

あるイギリス人サプライヤーのお話

2013.03.04

輸入ビジネス

こんばんは、

SAATS輸入ビジネス講師の大竹です。

「やあヒデ、キミが探していた商品を買い占めてきたよ。
 どのぐらい送れば良いか教えてくれ。」

数年前のある日、イギリスのサプライヤーからこんなメールが来ていました。

もう3年ぐらいのお付き合いになりますかね。

きっかけは、とある商品を探していて、ebayでもgoogleでも見つからず、
「やっぱりないのかな~」と諦めかけていたその時、
何故かアリババというサイトに登録があるのを見つけたんです。

しかも、その会社はイギリス。

●Alibaba.com
http://www.alibaba.com/

「アリババにイギリスの会社が?」

当時アリババは中国やアジアだけかと思っていたら、
実はアメリカやヨーロッパのサプライヤーも登録していたんですね。

さっそく連絡をしました。
そしてすぐに商品を送ってもらえることになりました。

当時はヤフオクだけしか販路がなかったので急いでネットショップを作り、
ヤフオクとネットショップの両方で販売をはじめました。

販売状況は良い感じで、1日1~2個程度ポツポツと売れていました。
一応、並行輸入品だったのですが、利益率が50%近く出せました。

しかし半年ほどすると、その商品は生産終了に。

もうこの商品も終わりかと思っていた矢先、上記のメールをもらったのです。
彼はなんとアイルランドから、残っている在庫を全て買いとってきてくれたというのです。

ありがたい!!

お陰でまた半年ぐらい、ほぼ独占状態でその商品を販売することができました。
まだまだお金のない頃だったので、とても助けられました。

結局、1年間ぐらい売り続けて、その商品は終了してしまいましたが、
サプライヤーとは今でも付き合いがあります。

定期的に商品リストを送ってきてくれます。

ネット上では品切れでも、
実店舗では取り扱いがあったりする商品って結構あります。
なかなかそういう商品は探せないですよね。

やはり現地に動いてくれる人がいると輸入ビジネスは加速します。
その関係は、一回の取引だけでは生まれません。
いくらこちらがバイヤーであっても、
相手にも儲けてもらおうという気持ちがとても大切だったりします。

そんな感じでサプライヤーと良いお付き合いをさせていただいていると、
ある時ひょこっと良いことが起こったりします。

「取引は信頼関係がとても大切」
当たり前ですが、やはり原理原則ですよね。

商品展開に困っている方。
リサーチが思うように進まないという方。

これまで取引したセラーに聞いてみてはいかがでしょうか?
思いもつかなかったような掘り出し物が出てくるかもしれません。

もしそんなセラーさんが居たら、価格交渉ばかりに走らず
長くお付き合いをするようにしてみましょう。

必ずあなたの輸入ビジネスの力になってくれるはずです。

お名前
メールアドレス